情報管理室

日本では、超高齢化社会への移行が進み、医療・介護現場が扱う情報は膨大な量になっています。一方で、その情報を扱う現場も、外来・病棟・在宅・周産期と、多様化しているのが現状です。「情報をどのように活用していくのか」という問いは、患者さま・利用者さまのニーズにしっかりと応えるために、あるいは医療現場における業務の効率化を実現するために非常に重要な位置を占めています。

晴山会では、情報の戦略的活用により、ケア・サービスの質向上ならびに均一化に努めています。さらには、地域医療および介護の中核施設の一翼を担うことをめざし、グループを越えた各施設との積極的な情報連携も視野に入れています。

晴山会では、情報管理室を設置し、広報物作成やホームページの運用、IT関連インフラの一括した管理および運用をしています。また、グループ内外での情報管理を円滑にする新システムの提案・導入に取り組んでいます。これにより、あらゆる情報の適切な保護および開示が可能になるのはもちろん、現場における業務の効率化が実現され、職員が患者さま・利用者さま一人ひとりとより真摯に向き合うことができます。

具体的な取り組みは以下のとおりです。
・晴山会グループの広報物作成
・平山病院のホームページ運営
・電子カルテシステムの導入
など。

スタッフ募集

トップページへ