手の外科

指の第一関節が脹れて痛い
―へバーデン結節―

指の一番先の関節が脹れて痛い、曲げると痛い、などの症状に続いて、関節が変形してきます。指をよく使うひとに発生する場合もあります。

1 2
指の第一関節のはれや、痛みがある。 Mucous cyst がみられる。
原因 中年以降の女性に発生することが多いといわれています。指をよく使う人に発生することもあります。現在のところはっきりした原因はわかっていません。
診断
方法
指の第一関節(DIP関節)に発生し、腫れや痛みが見られます。 慢性関節リウマチと区別する必要があり、血液検査が必要なことがあります。また、この関節の部分がはれて、水がたまることがあります(mucous cyst)。レントゲンにより関節の変形性関節症性変化を見ることがあります。
治療 関節の変形が進行すると痛みがなくなる場合もありますが、痛みが持続する場合もあります。塗り薬で炎症を抑えたり、鎮痛剤を服用したりします。多くはこの方法でよくなります。また、テーピングによる固定などがあります。
手術 なかなか症状がよくならない場合や、痛みが強い場合には、関節内を掃除したり、関節を固定したりする手術により治療します。

スタッフ募集

トップページへ