手の外科

親指を伸ばすと痛い、物をつかむと痛い
―ドケルバン病―

親指の長母指外転筋(ちょうぼしがいてんきん)、短母指伸筋腱(たんぼししんきんけん)は第一コンパートメントというトンネルを通っています。ここで炎症が起きると、親指を動かすたびに痛みがあり、日常生活に困難を生じます。注射でよくなりますが、なかなかよくならない場合には手術を行うこともあります。

原因 日常生活での手や指の使いすぎがおもな原因です。
診断
方法
親指を動かしたり、物をにぎってひねったりすると、手首の親指側に痛みがあります。
治療 はじめは、腱鞘(けんしょう)というトンネルに炎症を和らげる注射をしたり、塗り薬で炎症を抑えたりします。多くはこの方法でよくなります。
手術 なかなか症状がよくならない場合や、痛みが強い場合には、腱鞘(けんしょう)を切開して治療します。手術時間は10分程度です。手術の傷は2週間程度で治ります。 腱の間に隔壁(かくへき)と言われる壁がある場合にはなかなか注射ではよくなりません。

スタッフ募集

トップページへ