手の外科

慢性的な手関節の痛み
―キーンベック病―

手の関節を作っている手根骨のうち、月状骨と言われる骨の血流が悪くなり、痛みを生じます。手をつくと痛いという症状があります。

1 2
月状骨はレントゲンでは白く変化しています。 月状骨はMRIでは黒く変化しています。
原因 月状骨に過剰な負担がかかることで生じるといわれています。 骨のバランスが悪かったり、大工さんなどの手を使う仕事などで負荷がかかることで生じます。
症状 慢性的な手関節の痛みや動きの制限が見られます。
診断方法 診断にはレントゲン検査のほかにMRI検査があります。MRIではごく早期に診断ができます。
治療 装具による治療があります。改善がみられない場合には、骨のバランスを整える手術や関節を固定したり、血管付の骨を移植したりする方法があります。

スタッフ募集

トップページへ