手の外科

手首をひねると痛い
―三角線維軟骨損傷―

手首の小指側には三角(さんかく)線維(せんい)軟骨(なんこつ)といわれる、クッションの役目をしている靭帯組織があります。ころんで手をついて傷つくことがあります。慢性的に手首の小指側が痛くて、手をひねることができない、手がつけないといった症状が見られます。

1 2
TFCC 損傷
TFCC に穴が開いているのがわかります。
手関節鏡による治療
直径3ミリ以下のカメラで関節内を観察して、手術します。
原因 転んで手をつくなどして、手首の骨の間に三角線維軟骨(TFCC)が強くはさまれ傷つく場合と、手の使いすぎにより、徐々に痛んでくる場合があります。
診断方法 多くの場合には 手首をひねると痛い、痛くて手がつけないなどの症状があります。
治療 はじめは、手首を安静にして経過を見ます。時に炎症を和らげる注射をしたり、塗り薬で炎症を抑えたりします。多くはこの方法により3ヶ月程度でよくなります。
手術 3ヶ月を過ぎても症状がよくならない場合や、痛みが強い場合には、関節鏡という小さなカメラで、切れた三角線維軟骨を修復したり、傷んだ部分を切除したりして治療します。数箇所の5ミリ程度の切開により行います。

スタッフ募集

トップページへ