手の外科

小指がしびれる
―肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)―

肘の内側には肘部管(ちゅうぶかん)といわれる、骨と靭帯で形成されるトンネルがあります。このトンネル内を尺骨神経(しゃくこつしんけい)が走行しています。机の角などに肘の内側をぶつけると小指にまでビリッと電気が走る神経です。ここで尺骨神経が圧迫されると、手の小指側の感覚がなくなり、手のなかの小さな筋肉が麻痺してしまうため、ハシを使うなどの細かい動作がしにくくなります。これが“肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)”です。

原因 肘の変形性関節症やガングリオンなどのおできによって起こることがあります。子供のころ肘を骨折していたり、肘や手を使う肉体労働に長い間たずさわっていたりする人に発生することが多いです。
診断
方法
多くの場合には 小指のしびれ、手が使いづらい、手がやせてきたといった症状がみられます。進行すると小指や薬指が曲がったままになって、伸びづらくなります。また、首などのほかの部分での障害が合併している場合があります。
治療 ごく初期には、理学療法や、ビタミン剤の投与を行うこともありますが、ほとんどの場合、手術が必要になります。手術は早い段階で行ったほうが、回復も早く、手術後の経過もよいことがわかっています。いたずらに、手術を引き伸ばすのは、かえって悪い結果を残します。
手術 靭帯を切開してトンネルを広げたり、尺骨神経を移行したりする方法があります。

スタッフ募集

トップページへ