手の外科

小さなけがのあと、指がしびれる
―神経損傷―

指神経はそれぞれの指の左右に一本ずつあります。神経が切れると指の触った感覚がなくなり、細かい動作がしにくくなります。異常感覚が生じると指が使えなくなることもあり、重大なけがといえます。小さな傷でも神経が切れている事があります。

1
親指の付け根をナイフで切った。近くの救急当番で皮膚縫合を受けたが指先のしびれが、続いていた。そこで傷を開放したところ橈側(とうそく)の指神経が切断されていた。ただちに顕微鏡下に神経縫合術を行った。
原因 手や指の神経や血管は意外に皮膚のすぐ下を走っています。日常生活でのちょっとした怪我でも、神経や血管を傷つけることが多いのです。
診断
方法
怪我の場所、深さにより判断できます。専門医以外に処置を受け、心配な場合には専門医を受診します。
治療 完全断裂があればただちに縫合します。 時間がたっている場合には、縫合ではなく神経移植などを必要とします。

スタッフ募集

トップページへ