手の外科

手でたたいた後、手の痛みがとれない
―舟状骨骨折―

手の親指の付け根に痛みがあります。ねんざとしてシップで様子を見ていることがあります。レントゲン写真で骨折がはっきりしないことがあります。

1 2
手首のねんざとしてシップをしていましたが、痛みが改善しませんでした。 舟状骨骨折と診断してスクリュー固定を行いました。
原因 スポーツや交通事故などで手をついた時や強くこぶしでたたくことなどで起こることがあります。
診断
方法
多くは親指の根元に痛みがあり、捻挫として放置されていることもあります。親指の付け根のへこんだところを押すと痛みが見られます。
治療 骨折にずれがなければ、ギプスで固定します。固定期間は長いと3ヶ月近くを必要とします。この舟状骨は血液の流れが悪いため、骨が付きにくいと言う特徴があります。
手術 骨折のずれが見られる場合や早期に運動を行うなどの場合には手術を行うことになります。レントゲンを見ながら皮膚に小さな切開をつくりスクリューを挿入して固定します。数週で手が使えるようになることが一般的です。

スタッフ募集

トップページへ