手の外科

手をつくと痛い
―手根骨間靭帯損傷―

手首には8個の手根骨と言われる小さな骨が、手根骨間靭帯によりつながり、手首の動きにともなって動いています。ねんざなどで、手根骨のつながりがたたれると、慢性的な手首の痛みや、手をひねることができない、手がつけないといった症状が見られます。放置すると変形性関節症へ進行していく場合があります。

1
舟状月状骨間靭帯損傷
原因 転んで手をつくなどして、手首の骨をつなぐ靭帯に強い力がかかり、靭帯が切れることで発生します。
診断
方法
多くの場合には痛くて手がつけないなどの症状があります。 レントゲン検査や、痛みを誘発するテストやMRI、関節鏡検査などにより診断します。
手術 症状がある場合には、関節鏡という小さなカメラで、切れた靭帯を確認して、固定したり、靭帯を再建したりする必要があります。

スタッフ募集

トップページへ