手の外科

手の外科  肘の外科 の特徴

 手や肘は複雑な機能を持っています。そのため、手や肘の怪我や病気を適切に治療しないと、日常生活に大きな支障が起きる事があります。
 当院では、日本手外科学会により認定された、手の外科学会基幹研修指定病院となっています。
 手の治療・研究に長年従事してきた、日本手の外科学会専門医(渡邉 寛 医師)が治療にあたっており、最新の治療とともに、最小の侵襲による治療を目指しております。
 手のことでお困りのときには、お気軽に「手の外科外来」へおこしください。

診療時間

月・木・金 午前(整形外科外来)

手の外科で扱う疾患と外傷

透析手の外科、切断指、神経損傷、腱損傷、舟状骨骨折、舟状月状骨間離開、橈骨頭骨折、橈骨遠位端骨折、上腕骨顆上骨折、三角線維軟骨損傷、遠位橈尺関節損傷 などの外傷、 肘部管症候群、手根管症候群、腕神経叢損傷などの神経障害、ドケルバン病、ばね指、上腕骨外側上顆炎などの炎症性疾患、小児弾発指、合指症、多指症などの先天性小児疾患、ガングリオンなどの腫瘍、爪の変形、関節の拘縮、変形性関節症、デュピュイトラン拘縮、キーンベック病、などがあります。

担当医略歴

 

渡邉 寛


1990年 山梨医科大学 医学部卒業
1994年 山梨医科大学大学院研究科(博士課程)卒業 医学博士
1994年〜2005年 山梨医科大学 整形外科学教室
2002年 mayo clinic, Rochester USA

日本整形外科学会専門医
日本手外科学会専門医
日本リハビリテーション医学会専門医
日本リウマチ学会専門医
専門分野 手の外科 マイクロサージャリー

山梨医科大学整形外科教室、mayo clinic, Rochester USAにて手外科の診療、研究に携わり日本手外科学会、日本マイクロサージャリー学会、AOSなどの学会にて発表、シンポジストを務め、学術論文も多数発表。

疾患と外傷の解説(クリックすると、詳細の内容を見ることができます)

 

① けがの後や原因不明の手や腕の激しい痛み

② 手首をひねると痛い

③ 慢性的な手関節の痛み

④ 指や手の皮膚が硬くしこりとなり指が伸びない

⑤ 親指を伸ばすと痛い、物をつかむと痛い

⑥ 指を曲げると痛い

⑦ 指の第一関節が脹れて痛い

⑧ 腕がしびれる、だるい、肩こりがある

⑨ 手の腫瘍

⑩ 手の指のしびれ

⑪ 手をつくと痛い

⑫ 手でたたいた後、手の痛みがとれない

⑬ 小さなけがのあと、指がしびれる

⑭ のこぎりで指を切った、落としてしまった

⑮ 子供が骨折後、肘が曲がった

⑯ 小指がしびれる

⑰ 生後よりの指の変形

⑱ 手をついて転んだら手首がはれて痛い

⑲ 指や手を切ったあと指が曲がらない

⑳ 透析患者さんの手のトラブル

スタッフ募集

トップページへ